本住宅が建つのは名古屋の住宅街。多くの普通の家が建ち並ぶ中で、
それは際立って見える。
都市部の雑踏の中に建っていながらも、そこには温もりが漂っている。
左官仕上げの外壁やヒノキの手摺りなど、そこには職人の手仕事でしか
かもし出す事が出来ない温もりが存在するのだ。

所在地  名古屋市昭和区
竣工 2005年9月
敷地面積 92.47㎡(27.9坪)
建築面積 55.41㎡(16.8坪)
延床面積 147.92㎡(44.7坪)
建設費 3,200万円(消費税別)

視界を遮らない階段

風が通り抜け、光に満たされた空間

建物の2階部分にあるのは生活のための空間。そこにあるLDKは各
スペースを仕切る壁が無く、階段室をも取り込み一体となっている。
このLDKの4方にある窓を開ければ室内を心地よい風が通り抜けます。

風が通り抜け、光に満たされた空間

建物の2階部分にあるのは生活のための空間。そこにあるLDKは各
スペースを仕切る壁が無く、階段室をも取り込み一体となっている。
このLDKの4方にある窓を開ければ室内を心地よい風が通り抜けます。

明るさや広がりを感じる個の空間

3階には、子供の部屋や夫婦のための個室がある。
部屋はあまり広くは無いものの、天井が高く、窓からの光で明るい
空間が生まれ、心地よさを感じることが出来るだろう。

採光の重要性

南・北の部屋に挟まれた部分が3階ホールになっています。
外壁のアクセントになっている、横長の窓からの光で明るい空間が
生まれ、それが1階ホールまで、光のシャワーのように降り注ぎます。

ロフト

3階のウォークイン・クローゼットや便所の天井高さを押さえ、上部にロフトを設けました。