構造・躯体・地震対策

構造・躯体・地震対策
 【耐震強度3】の10%~40%増の強度の住宅を実現
若山建築設計事務所では、東海・東南海地震等の大地震に対して被害を最小限に抑える為、
耐久性及び耐震性に優れた住まいを創り続けています。20年以上の実績があります。
このこだわりは、全ての住宅の標準仕様です。
 【若山建築設計の標準仕様】
             頑強な構造躯体(柱)             頑強な構造躯体(梁)
家を支える柱は、全てヒノキの12cm角を使用。 通し柱もヒノキの13.5cm角を使用。 3尺ピッチにびっしりと柱が立ち並び、強固な構造体があなたの住まいをガッチリと守ります。 家を支える梁は、極太の無垢の梁を使用します。
(上記写真)の床梁の梁背は36cmも有ります。
(左記写真)の小屋梁の梁背は27cmも有ります。
適材適所に強固な梁を入れた構造体が、あなたの住まいをガッチリと守ります。
シロアリを寄せ付けないサイプレスの土台 ねじれに強い高剛性の剛床工法(1階床)
強固な鉄筋コンクリートベタ基礎の上に、世界の中で最も硬い木の1つであるサイプレス(豪州ヒノキ)の土台を敷きます。
サイプレスは、防蟻処理を行わなくてもシロアリ被害とは無縁です。
とても硬い木である為、建物荷重がかかる土台には最適です。
サイプレス(豪州ヒノキ)の土台とヒノキを91cm角の格子状に組み上げ、
更に28mmの分厚い構造用合板を貼り、高剛性の床を造ります。
      耐久性とねじれに強い高剛性の剛床工法(2階床)           ねじれに強い高剛性の剛床工法(2階床)
2階の床梁は耐久性と耐震性を高める為、梁背の大きな強固な梁を使います。また火打ち(斜め材)を多数入れ剛性を高めます。 強固な梁の上に、28mmの分厚い構造用合板を貼り、更に床面の剛性を高めます。
大地震の水平直力に対して、2階の床が菱形に変形することは、
まずありません。
 【 耐震等級3】前後の強度を実現 【 耐震等級3】の10%~40%増の強度を実現
強固な構造体の上に、建築基準法の耐震基準の約2倍の量の筋違い
(斜め材)を入れます。
これで、【 耐震等級3】前後の強度を実現します。
更に、構造用合板の12mmを建物の全面に貼ることで、壁面の剛性を高め、【 耐震等級3】の10%~40%増の強度を実現させます。     【在来工法に2×4工法の強さをプラス】
耐震金物 高気密高断熱仕様
 基礎から土台、柱、梁に至るまで、専用の耐震金物を取り付けています。 魔法瓶のように、冬暖かく夏涼しい室内空間を実現しました。
発泡ウレタンの断熱材を約10cmも吹き付けています。
 大地震に対して、被害を最小限に抑えるには

強固な土台を使うのが1番重要。…(建物の全荷重が土台にかかる為) ポリデンのようなスカスカな土台は問題外!
②柱、梁などの構造体は、太く、丈夫な木を選んで使う。
床面の剛性を高める。(上記説明を参照)
壁面の剛性を高める。(上記説明を参照)

①~④まで全てクリヤーすることにより、大地震に対して、被害を最小限に抑えることが出来る構造体になります。